ジョニー・ハードート(イギリス)、フォルカー・バイドラー(ドイツ)、ベルトラン・ガショー(フランス)の手により、1991年のル・マン24時間レースで総合優勝を飾ったシャシーNo.787B-002。
国内ではこの55号車がル・マン優勝20周年となった2011年に、1991年当時のメカニックやエンジニアらの手によってフルレストアされ、以後動態保存されています。
今年もデモランのドライバーは、ミスタール・マンこと寺田陽次郎氏が務める予定です。
12月2日(土)の「レーシングカー試走」、12月3日(日)の「レーシングカー試走」と「マツダロータリー50周年記念 マツダ787B & マツダ767B デモラン」で走行する予定です。
雨天や諸般の事情により走行を中止する場合があります。

マツダ 787B 55号車 寺田陽次郎氏
マツダがル・マン24時間レースで総合優勝を果たす2年前、1989年の同レースに出場した3台のMazda 767Bが全車完走し、この202号車は総合9位でゴールしました。現在は「ガレージスターフィールド」を経営する星野仙治氏が所有され、そのドライバーを務めます。
2015年に英国サセックス州で開催されたモータースポーツの祭典「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」でのヒルクライムでの事故により大破しましたが、多くの関係者の協力により修理され、国内では今回のマツダファンフェスタが復活後の初披露となります。
12月2日(土)の「レーシングカー試走」、12月3日(日)の「レーシングカー試走」と「マツダロータリー50周年記念 マツダ787B & マツダ767B デモラン」で走行する予定です。
雨天や諸般の事情により走行を中止する場合があります。

マツダ 767B 202号車 星野仙治氏
マツダのモータースポーツの歴史は、ロータリーエンジンの開発の歴史とも言えます。 1967年、当時の東洋工業(現マツダ)が世界初の2ローターロータリーエンジン車「コスモスポーツ」を発売し、それと同時にモータースポーツ活動を開始しました。R-100(ファミリアロータリークーペ)やRX-3(サバンナ)、RX-7、そしてグループCカーが世界のレースに挑戦し、ついに1991年にはMAZDA 787Bがル・マン24時間レースを制しました。
そして現在も、ベース車両としてのポテンシャルの高さから、国内外の様々なカテゴリーで多くのプライベーターがマツダ車で参戦しています。その中でも、市販量産車ベースのレーシングカーで参加できる国内最高峰の耐久レース「スーパー耐久シリーズ」では、ロードスターをはじめデミオ、アクセラが活躍中です。
今年からは、MX-5(日本名:ロードスター)をベースに世界統一仕様による本格的なワンメイクレース「GLOBAL MX-5 CUP」も日本でスタートしています。
<走行予定車両>
 
コスモスポーツ
1968年マラソン・ド・ラ・ルート
84時間レース仕様
ファミリアロータリークーペ
1970年スパ・フランコシャル
24時間レース仕様
  サバンナRX-3
1974年片山レーシング 片山義美仕様
 
村上モータース ロードスター
スーパー耐久参戦車
NOPROデミオ
スーパー耐久参戦車
  グローバルMX-5カップカー
同じ車種グループでマツダファンフェスタに集まりたいという声にお応えして、パドックの一部をオーナーズ・ミーティングの会場として提供しています。また、ご希望や条件によっては、ミーティング単位でのサーキット・パレード枠もご用意しています。
<参加予定クラブ>
コスモスポーツオーナズクラブ AXELA Owner's
MAZDA Sports Meeting
RX-7 & 8 fan day A.M.O.A with MZRacing
今年は1967年に世界で初めてロータリーエンジンを搭載した量産車「コスモスポーツ」が誕生してから50周年ということで、それを祝うべく、コスモスポーツを先頭に、当日来場の全てのロータリー車が参加するパレードランを行います。
パレードに参加された方の特典として、『ロータリー50周年記念缶バッジ』と『ロータリー50周年記念メッセージカード』をプレゼントします。
12月2日(土)にロータリー車でご来場の方は、無料でご参加いただけますが(事前申し込みも不要)、観戦券と駐車料金は別途必要です。
参加方法に関しましては、決定次第、公式サイトの「エントラントへのお知らせ」ページでご案内いたします。
『ロータリー50周年記念メッセージカード』は、台風で中止となりました9月の三次のイベントの主催者様からご提供いただきました。

国際コースを気軽に体験できるパレードランを実施します。セーフティカーが先導しますので、ご家族やご友人を乗せてサーキット走行をお楽しみいただけます。
また、パレードに参加された方の特典として、パドックにてレーシングカーとの集合写真撮影や、参加者限定の記念品がプレゼントされます。
パレード走行参加券:2,160円(記念品付) ※前売限定200台
 <取扱い>岡山国際サーキット公式サイト
「ガソリン・ハイブリッド」、「ディーゼル」、「ロータリー」の3グループに分けて募集
参加車両1台分の駐車料金を含む、別途観戦券要、発券手数料は購入者負担
オールマツダ・パレードラン参加券は11月2日(木)19:00より発売開始
参加方法に関しましては、決定次第、公式サイトの「エントラントへのお知らせ」ページでご案内いたします。
記念品は、当日のデモランやパレードラン風景、レーシングカーとの集合写真も入った特製カレンダーの予定です。大会終了後、製作が完了次第の発送となりますのでご了承ください。


同じ車種グループでマツダファンフェスタに集まりたいという声にお応えして、パドックの一部をオーナーズ・ミーティングの会場として提供しています。また、ご希望や条件によっては、ミーティング単位でのサーキットでのパレードラン枠もご用意することが可能です。
<実施予定ミーティング>
コスモスポーツオーナズクラブ AXELA Owner's
MAZDA Sports Meeting
RX-7 & 8 fan day 全マツダ車オーナーズクラブ連合(通称:A.M.O.A)

※イベント内容は諸般の事情により変更となる場合がありますのでご了承ください。